フォーマル系ファッションとは

日本語でフォーマルとは「正装」と訳します。ドレスコードの中で最も格式が高くなり、一般的ではない礼服を指します。冠婚葬祭の時やパーティなどで着る服となり、色は黒や白・グレーなどが基本になります。
略礼装といわれる、フォーマルファッションの中でもっとも簡略化されたファッションです。黒いスーツに白のシャツ、ネクタイが基本の着こなしです。

結婚式やパーティなどの主役がいるシーンでは、革製品やファーのほうが格式が高いとされているため避けるのがベターになります。葬儀と結婚式などのシーン別に使いわけをし、ポケットチーフや蝶ネクタイなどと合わせることがあります。大人になれば冠婚葬祭で、シーン別に着まわすことができるブラックスーツを1着ほど常備しておくほうが良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

  1. 日本語でフォーマルとは「正装」と訳します。ドレスコードの中で最も格式が高くなり、一般的ではない礼服を…
  2. 30代のフォーマル系が選ぶブランドは、見た目がきっちりとしているだけでなく、値段のバランスも良いブラ…
  3. ハイブランドとは、工場で大量生産され安価で入手しやすいファストブランドとは対極的なもので、ファッショ…
  4. ファッションの基本として、まずはサイズ選びがあげられます。どんなに良い服でもサイズがあってないと、だ…
  5. 50代以降のフォーマル系が選ぶブランドは、海外のハイブランド系が多いです。舶来品はおしゃれなイメージ…

ピックアップ記事

関連リンク

  • 大阪 ドライバー

    大阪でのドライバーでの仕事をお探しなら、ドライバー派遣ドットコム 関西で是非お探しください!短期から週払いOKまで…様々なお仕事をご紹介できます!是非ご覧ください!!

    www.kansai-driver-haken.com/

PAGE TOP