30代のロック系が選ぶブランドとは

ロック系のファッションは硬派なイメージがあり、ストリート系のジャンルのものと比較とするとピンポイントの主張に光るものがあります。ドクターマーチンには良い意味でのロックの攻めのエッセンスが凝縮されており、ロンドンのロックスターが身に着けたことで、瞬く間にロックファンの若者の間でのファッションアイコンとなっています。

年代的な価値観もありますが、特定のムーブメントの流行によって注目されたファッションは、年を経ても憧れの存在に変わりがありません。雰囲気は硬派で少し高額にはなりますが、自分らしさがコーディネートできる独自のファッションにもこだわることができます。年齢を感じさせない攻めのイメージを表現できるブランドです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

  1. 30代のフォーマル系が選ぶブランドは、見た目がきっちりとしているだけでなく、値段のバランスも良いブラ…
  2. 50代以降のフォーマル系が選ぶブランドは、海外のハイブランド系が多いです。舶来品はおしゃれなイメージ…
  3. ハイブランドとは、工場で大量生産され安価で入手しやすいファストブランドとは対極的なもので、ファッショ…
  4. 日本語でフォーマルとは「正装」と訳します。ドレスコードの中で最も格式が高くなり、一般的ではない礼服を…
  5. 20代になると冠婚葬祭など、かしこまった場所に出席する機会も増えてきます。そこで20代のフォーマル系…

ピックアップ記事

関連リンク

  • 免許インデックス有限会社

    免許インデックス有限会社が運営する「合宿運転免許サービス」。合宿免許で運転免許を取得したい!という関東・東海地方の方にオススメなのは、掛川自動車学校です。新幹線の「掛川駅」からアクセスがしやすく、広い教習コースと充実した宿泊施設があります。

    www.gasshuku.jp/

PAGE TOP