20代のゴシック系が選ぶブランドとは

ゴシック系ブランドの代表的存在と言えば、やはりPINK HOUSEです。常に日本のゴシック系洋服を提案し続けてきた実績は、他を圧倒しています。芸能人やモデルなどにもPINK HOUSEのファンが多く、個性が埋もれてしまう可能性があるのが少し残念なところです。

一方で、レトロやノスタルジックなどの提案をゴシック系に取り込んだブランドとして、axes femmeの存在も忘れてはいけません。ゴシック系でありながらも普段使いの洋服を提案するという意味では、挑戦的なデザインを続けています。

19世紀ごろのパリジェンヌを魅了したとされるベル・エポック時代の装いを現代へと蘇らせようとするaxes femmeの世界観に浸ってみるのも面白いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

  1. 日本語でフォーマルとは「正装」と訳します。ドレスコードの中で最も格式が高くなり、一般的ではない礼服を…
  2. ハイブランドとは、工場で大量生産され安価で入手しやすいファストブランドとは対極的なもので、ファッショ…
  3. 20代になると冠婚葬祭など、かしこまった場所に出席する機会も増えてきます。そこで20代のフォーマル系…
  4. 10代のフォーマル系が選ぶブランドとしては、ファストファッションが多くなるでしょう。フォーマ…
  5. ファッションの基本として、まずはサイズ選びがあげられます。どんなに良い服でもサイズがあってないと、だ…

ピックアップ記事

PAGE TOP