10代のキレカジ系が選ぶブランドとは

10代のキレカジ系が選ぶブランドとして好まれているのは、ファストファッションです。これが選ばれる理由は、価格帯が手ごろで10代でも入手がしやすいからです。

例えば、ユニクロはその例です。全国各地に店舗があり、様々なパターンの洋服を展開しています。キレカジ系のおとなしい服装も多く取り扱っていて、最近はただの安いイメージがなくなってきたため、若い人でも抵抗なく購入することができます。

アメリカのカジュアルブランドであるGAPも同様の理由で選ばれています。こちらも安い価格帯でいろんなデザインを取り扱っているため、キレカジ系の洋服も取り扱われていますし、店舗は全国にはなくてもインターネットから購入できて入手がしやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

  1. 40代を過ぎた女性は、仕事で責任のあるポジションを任されることが多いため、上質なスーツなどをうまく着…
  2. 日本語でフォーマルとは「正装」と訳します。ドレスコードの中で最も格式が高くなり、一般的ではない礼服を…
  3. 20代になると冠婚葬祭など、かしこまった場所に出席する機会も増えてきます。そこで20代のフォーマル系…
  4. ファッションの基本として、まずはサイズ選びがあげられます。どんなに良い服でもサイズがあってないと、だ…
  5. ハイブランドとは、工場で大量生産され安価で入手しやすいファストブランドとは対極的なもので、ファッショ…

ピックアップ記事

PAGE TOP