30代のトラッド系が選ぶブランドとは

トラッド系は、時代のトレンドに左右されること無く、ベーシックでそれ自体に着こなしのスタイルが確立しているのが特徴です。

トラディショナル(伝統的な)がトラッドの語源になっています。20代のあふれるばかりの若々しさを前面に押し出したカタチから、少し大人の雰囲気もあえてプラスして、上品さを演出すると言う大きな方向性を持っています。30代に入ればカジュアルなシーンでも、きちんとした印象を与えたい、そんな時には母性と知性を印象づけるのがポイントです。

トラッド系ブランドと言えば、創立50周年を迎えたニューヨーカーが有名です。世界にむけてアメリカントラディショナルを発信し続けているブランドで、クールなシャツが勢ぞろいで普遍的な人気を集めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

  1. 10代のフォーマル系が選ぶブランドとしては、ファストファッションが多くなるでしょう。フォーマ…
  2. 日本語でフォーマルとは「正装」と訳します。ドレスコードの中で最も格式が高くなり、一般的ではない礼服を…
  3. ハイブランドとは、工場で大量生産され安価で入手しやすいファストブランドとは対極的なもので、ファッショ…
  4. 50代以降のフォーマル系が選ぶブランドは、海外のハイブランド系が多いです。舶来品はおしゃれなイメージ…
  5. 40代を過ぎた女性は、仕事で責任のあるポジションを任されることが多いため、上質なスーツなどをうまく着…

ピックアップ記事

関連リンク

  • ギャラリーとんぼ

    遺品整理をしていたら出てきた古い品々。処分する前に「ギャラリーとんぼ」に連絡してみてください。経験豊富なプロの目利きがしっかり鑑定してくれて、丁寧に説明してくれるので、初めての方でも気軽に利用することができます。

    www.gallery-tonbo.com/

PAGE TOP